トケイの豆知識

トケイの豆知識

★いまさら人に聞けない時計の基礎知識

・時計の部位の名称について

・ケース
腕時計の機械を収めるボディーで時計本体の事です。基本的にケースサイズとはリューズを含めない本体サイズです。
・ベゼル
風防を、つまりガラスやプラスチックで出来た透明な文字盤カバーを固定する為に取り付けられたリング状の部品で回転するものや貴金属を使用していたりダイヤ等の宝飾が施されたものなど様々な種類が存在します。
・ラグ
ブレスとケースを繋ぐ張り出し部分です。ここに開いている穴にバネ棒やネジなどのパーツを取り付けてブレスやベルトを固定します。ラグ幅によって取り付けられるベルトやブレスが分かります。
・ベルト/ブレス
腕時計の機械を収めるボディーで時計本体の事です。基本的にケースサイズとはリューズを含めない本体サイズです。
・カレンダー/デイト
日付、曜日の表示機能の事を表します。
・リューズ/竜頭
時刻合わせやカレンダー送り、ゼンマイの巻上げ等時計の操作を行う部分を表します。
・ダイヤル
文字盤の事を表します。様々なデザインやカラー、素材が使われており別名を干支とも呼びダイヤルがひび割れている場合干支割れとも言います。
・インデックス
1時〜12時までを表す物でバー、アラビア、ローマ、ドット・ダイヤなど様々なものが存在します。
・ムーブメント
時計の中身の機械部分のことを言います。機械式には手巻き、自動巻などが有りクオーツ式の物にもデジタルや電波式など様々な種類が存在し変わったものには音叉式や電磁テンプ、機械式とクオーツ式が組み合わせられたスプリングドライブなど変わり物もあります。

・ムーブメントの基礎知識

・手巻き
葉巻ではありません、手巻き寿司でもありません。手巻きとはリューズを回して直接ゼンマイを巻き上げる仕組みの事で巻き過ぎてゼンマイが千切れる事があるので注意して巻き上げましょう!外から見た所では巻き上げローターが無い分ケース形状を薄く作る事が出来ますがパッと見では判断がつきにくいでしょう。リューズを回して手を離した時の戻り方や本体を揺すった時にローターがクルクル回る感触が無いなどの特徴があり判断が可能です。秒針の動きは自動巻と同じく小刻みな連続的な動きが特徴です。基本的に手巻きは古いアンティーク時計や高級なモデルに使用される事が多くゼンマイを毎日巻き上げる作業が楽しみですが、機械式時計に興味がない方にはゼンマイ巻きの作業が面倒かも知れません。
・自動巻き
手巻き寿司を自動で巻き上げる装置を使用して作られた巻き寿司の一種ではありません。人間腕に装着して使用する事により起こる振動や角度の変化により内部に搭載された重り(ローター)が重力の影響で位置を移動する事により発生する力を回転力に変換してゼンマイを巻き上げる機構が付いている駆動装置の総称です。一般的なモデルでは8時間程度装着して使用して入れば1日〜2日程度は動くようになっております。

見た目の特徴としてはダイヤル(文字盤)にAUTOMATIC表記がされているものが多かったりローターが搭載されている分ケースに厚みが有るなどの特徴があります。 針の動きは手巻きと同じく小刻みで連続的な動きをします。リューズを回してゼンマイを巻き上げる事が出来る様になっているモデルが殆どで毎日使用していれば手でゼンマイを巻き上げる必要は殆どありません。
・クオーツ
クオーツとはパプアニューギニア島西部の熱帯雨林に生息する鳥類の名称ではありません。クオーツとはクオーツクリスタル、つまり水晶の事で水晶に電流を流すと一定の周波数で正確に振動する効果を利用したクオーツ振動子を搭載し非常に少ない誤差で時を刻む事が出来る駆動装置の事です。

特徴は動力源がゼンマイではなく電池となっており裏蓋を開けると中にはクオーツ振動子の電気回路とボタン電池が搭載されており手巻きや自動巻とは明らかに外見が異なり、針の動き方も連続的ではなく1秒ごとにカチッカチッと動きます。

電池の持ちは1年以上数年持つものが多く年間の誤差も数秒程度と電池を交換していれば日常で特にゼンマイを巻く様な作業も必要なく使用する上で労力が殆ど必要ない時計になります。

主に実用性重視の高性能時計や低単価の時計、レディースモデルに使用される事が多いです。
・音叉
音叉とは鋼鉄やアルミニウム等の金属を用いて作られた器具で全体的にはU字型をしており底部に柄が付いている。U字の腕の部分を叩くなどして振動させると音を発生させ物理の世界では特定の周波数を発生させる器具として音響の分野で使用される。

今から半世紀前に時計の歴史を塗り替える画期的な駆動方式を採用した時計がアメリカの時計メーカーであるブローバから発表されました。時計のモデル名は『アキュトロン』

それまでの機械式時計に使われていたゼンマイやテンプの代わりに音叉(チューニングフォーク)と水銀電池、電磁コイル、トランジスタ回路を使用して駆動する世界初の時計です。

時計内部の電磁コイルに電圧をかけ音叉から発生する正確な振動により歯車を回転さる仕組みです。

日差2秒という当時では驚異的な高精度を実現しました。

特徴は針の動きがスムーズに連続運動で流れる様に動き耳を近づけるとキーンという音叉が発生させる電子音が聞こえます。
・スプリングドライブ
スプリングドライブとはDr.中松が発明した靴底にスプリング状の器具を取り付けバネが伸縮する力を利用して人間の通常の脚力では発揮できないほどの強力なジャンプ力で飛び跳ねる様に移動する駆動方式ではありません。

スプリングドライブとはゼンマイの力を動力源にしてクオーツ時計の制御システムに使われている水晶振動子を使用して、その正確な信号によって精度を制御する、独自の駆動機構です。機械式とクオーツ式の良い所を取り入れたハイブリッドムーブメントです。

特徴は針の動きがとても滑らかに流れる様に動きで見ているだけでも吸い込まれていきそうな独特の雰囲気があります。これはIC制御でローターの回転速度を制御する事で実現されたものでローターが早くなりすぎない様に断続的に磁力のブレーキをかけ一定に保っているものです。

買取のご相談・ご質問なんでもお問い合わせください。 0120-879-035

ページトップへ